スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かなリビング

2008年07月22日 00:45

やっと3連休が終わりました。

とにかく、まずは暑い3連休で、家に居ても何をしていても
口から出るのは暑い~の一言です。
私の部屋は二階の西側なので、とにかく日中は暑いなんて
もんじゃありません。
仕方なく、ランディのいるリビングへ避難。
リビングはランディの為にエアコンが動いているので、家の
中で一番涼しい場所です。

しかし、リビングに居ると、やっぱりみるくの事が思い出されて
切なくなります。
あんなに賑やかで、何かとケージを噛んではご飯ちょうだい~
とか、構え~って自己主張をしていたみるく。
いる時は、もううるさい子ね!とイライラするくらいにうるさい子
でしたが、そんなみるくがまた可愛くもありました。
大人しいランディよりもみるくの方が印象も存在感も強かった、
思い入れも自ずと強くなっていたのも確かです。

それに、まりゅ~の死後、ペットショップにモルを見に行った
時も、私はみるく、弟はランディと意見が分かれたんですよね。
私は長毛の子が好みだったので、真っ白な長い毛のみるくの
方が第一印象では気にいっていました。
結局、一緒にいるのに引き離すのは可哀想だからって2匹とも
飼ったんですが、最初の印象はやっぱり強くて・・・

ランディはみるくの死後、一回り大きなケージに引っ越して、
今は2匹のケージがあった場所の風景もかわりました。
みるくのケージを見る度に泣いていた私も、片付けてからは
落ち着きましたが、なくなったらなくなったで、もうみるくが
居ない現実を突きつけられて、それはそれで悲しくなります。

2周間前の今頃は、まだ生きてここに居たんだな、と思ったり、
最後の夜はもっと一緒に居てやれば・・・と思ったりして、家に
居るのはやっぱり悲しくなります。

最後の夜は、何となく予感があったのに、辛そうなみるくを
見ているのが辛く、死ぬんじゃないかと言う自分の予感も
怖くて、側にいれませんでした。
もっとみるくと向き合って、最後まで側に居ればよかった・・・
みるくの死から逃げていた自分の弱さに、今は腹立たしい
やら情けないやらです。
自己嫌悪になって落ち込んでも仕方ないとは思いますが、
最後にみるくに寂しい思いをさせてしまったのかと思うと、
やぱりやり切れません。

とは言え、いつまでもメソメソしていたら、逆にみるくに叱られ
そうなので、過ぎた事を考えないようにしています。
みるくの性格だったら、いつまで泣いてんのよ、しっかりしな
さいよ!って言いそうですからね。
大人しいモル、臆病なモルの概念を吹き飛ばすような、勝気
で怖いもの知らずの男勝りのみるくでしたから。

本当に、あの元気で物怖じしないみるくは、落ち込んだ時は
これ以上ないくらいの慰めでした。
賑やかに自己主張されると、悩んでるのが馬鹿馬鹿しく感じ
てしまって、まぁいいか、と思えちゃいましたから。
もしかしたら、みるくは私達の様子をいつもちゃんと見ていて、
励ましてくれてたのかも。

弟と喧嘩しても、割と直ぐに和解するのもモルが居るからです。
みるくは我が家のムードメーカーであり、調停者でもあったんだ
なぁ、と、居なくなって改めて感じます。
ランディも何だかビビリ度が増してる気がするし・・・

ランディにとっても、みるくは心強い仲間だったんでしょうね。
昨日、半日以上家を空けて帰ってきたら、キュイキュイ鳴いて
出迎えてくれました。
今までは、同じケージではなくても、みるくの存在を感じていた
から平気だったみたいけど、今は一匹で寂しいみたいです。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://koume108.blog7.fc2.com/tb.php/292-43395698
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。